実は、今公開している全動画の再生回数が、
全部100回超えしたら、次を公開しようと
ハードルの低いチャレンジをしていた…。
(まぁ願うしかないけど)

一応達成できたようなので、新作公開。

…とは言っても、また昔の音源引っ張り
出しただけなので、微妙な新作だけど。

しかも、ちょっとグレーなヤツ…
でもネタが無いので、意を決して公開。

過去記事でも話した通り、若い頃曲作りを
していて、その時メインにやっていた曲の
方向性は…

MADとハードコアを合わせたもので、
通称「MADコア」(今考えた)というもの…。

MADって言うと、最近は、色々な映像を
繋ぎ合わせて作った動画というスタイル
だけど、元々は、音声などを繋ぎ合わせて
作っただけのスタイルだった…。

で、それがカセットテープとなり、コピー
されたものが拡散されて、気が付けば、
ちょっと名の知れた産物に…。

それは、巡り巡って友人の元にも届いた。

そして、それを友人が貸してくれて、
初めてその存在を知る…。

ちょっとミステリアスでロマンのある話。
なので、もちろん出どころは不明…

だったのだが、最近、これを作ったと
思われる方のサイトを知った…。

MAD館で検索すると出るので、
興味のある方はどうぞ。
(長年のモヤモヤが取れた)

まぁその前にMAD自体を知らない方も
いると思うので、某チューブ(お世話に
なっております)で、MADテープと入力…
あとはお察し下さい。

…で、これを初めて聴いた時は、
とても衝撃を受けました。

今ほど簡単に編集が出来る時代ではないので
「どうなってんだ?!これ!」と驚愕…
そして腹筋崩壊

で、次第に自分も作りたいという欲求に
駆られて、ラジカセをイジっていたら、
MADっぽいものが作れるようになった…。

だんだんラジカセ(録音)の仕組みが
分かってきて、そこから徐々に
楽器の音入れをするようになる…。

そして、試行錯誤しながら迎えた
1998年…

当時、20うんさいのMADとハードコアに
かぶれた若者は、この形に行きついた
というわけです。

前置きがとても長くなったけど、
それではお聴き下さい…

あ、直撮り(直録音)した音質なんで、
イヤホン(ヘッドホン)必須です。
(悪しからず)

それではどうぞ…




【自作曲】MADコア G9Z(1998年制作)
(2:33)


初期の頃は、まんまMADを模倣したような
作風でしたが、色々と作っていくうちに
最後は、MAD色よりも、ハードコア(音楽)色
の方が強くなってしまいました…。

なので、MAD色を求めている方には、
ちょっと物足りないかもしれません…。
(音楽性も好き嫌い分かれそうだし)

この頃作っていたものは、ほぼこんな感じ
の作りです。G9Z(動画の曲)は、この時の
方向性を説明するのに丁度いい曲なので、
今回1発目にもってきました。

てか、2発目はあるのか…
まぁこの動画の再生数次第では…。
(ニヤソ)

ちなみに録音環境と楽器は、過去記事
同じだけど、新たにエレキベースを導入。
雑誌に載っていた楽器通販の安いベース。
(2万ぐらいのヤツ)

ゲストボーカルは、超メジャーロボアニメ
某ダムでお馴染みの演説角刈りおじさん。
(With 群衆)

こんな情勢ですが、気持ちだけでも…

立てよ立て立て!立てよ立て立て!
立てよ立て立て!立てよ国民ッ!



願わくばポチを…